hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

夢と知りせば 第二章

¥2,500 税込

送料についてはこちら

「でも、だからこそ写真があるんでしょう」 単行本/B6/226ページ 【あらすじ】 大学二回生に進級した御坂琴子は、知識豊富な教授・間崎八束と京都を巡る日々を送っていた。「何か一つやりたいことを見つけ、それを成し遂げてみなさい」という教授の言葉で、琴子は少しずつ自分の写真と向き合うようになる。 京都小説「夢と知りせば」第二章が、公開時から大幅な加筆修正を加え製本化。 琴子の親友・美月が主人公の番外編「赤を想う」ほか、巻末イラストを収録。 https://www.yumetoshiriseba.com ※「コンビニ決済」等後払いを選択された場合、3日以内のお支払いをお願いいたします。 お支払いが確認できない場合自動キャンセルとなりますので、何卒よろしくお願いいたします。 ※在庫状況によっては一週間ほどお時間をいただく場合がございます。